船の科学館

「船の科学館」は、1974年7月に竣工・開館した東京都品川区東八潮の東京臨海副都心にある博物館です。2011年10月に本館展示を休止しましたが、南極観測船「宗谷」の展示公開と屋外展示場での収蔵物展示を中心に博物館として営業しており、体験教室など各種イベントを継続して実施しています。

船の科学館とは

船舶や海運、海洋開発、海上保安に関する事柄を中心に展示する海事博物館です。船舶の構造・歴史の開設や、エンジンなど各種機器の展示を行ってきました。開館当時は東京臨海副都心で最初の建築物といえる建物で、1978年からおよそ1年間にわたって同館周辺で開催された宇宙科学博覧会では1期・2期の両期で1100万人もの来場者を集めました。開館以来、同館の運営には日本財団(旧・日本船舶振興会)がボートレースの収益を基に支援を行っており、競艇とも関わり合いの深い施設となっています。

部分休館

2011年9月30日をもって本館展示を無期限で休止するとともに、青函連絡船「羊蹄丸」の展示保存を終了しました。本館は開館後37年が経過して、施設建物・展示内容共に老朽化が著しく、羊蹄丸については維持費負担の点から国内団体に無償譲渡されることになりました。休館は2011年7月1日に公表され、7月20日から休館日までは謝恩価格として入館料が大人200円に引き下げられると共に、企画展やイベントなどが開催されました。休館前の2ヶ月間で12万人以上の見学者が来館したそうです。最終日は羊蹄丸の模擬出港などのセレモニーが実施されました。本館展示休止中は、本館展示や収蔵品を撮影した画像などを公式ホームページに掲載し、インターネットを通じて公開するという「バーチャル博物館」の試みを推進するとともに、資料の貸し出しを行う「海と船の博物館ネットワーク」の試み、本館展示のリニューアルを検討するとしていますが、老朽化した本館施設の処置も含めて具体的な内容は明らかになっていません。

現状

2011年10月1日以降も南極観測船「宗谷」と屋外展示物の公開、体験教室プールでの各種イベント開催を継続しています。また、2012年1月2日からは新設されたMINI展示場にて本館収蔵資料の展示公開を開始しました。

施設

本館

2011年10月より展示を休止しています。建物自体がクルーズ客船「クイーン・エリザベス2号」をモチーフにした大型客船の形をしています。展示内容も実物の船の構造にあわせ、1階が機関関連展示及び船の歴史、ブリッジを模した構造の6階が操舵室関連展示になっていました。1階の中心に設置された巨大な船舶用ディーゼルエンジンは実物を展示したもので、建物を建てる前に搬入設置したのだそうです。船の煙突・マストに相当する部分は展望台になっており、航海訓練所の練習船や南極観測船の出港に際して展望台への信号旗掲揚と汽笛吹鳴での見送りが行われていました。また、東京港内の信号所を制御して航行管制を行う東京海上保安部交通管制室が本館3階にあり、開館中は業務風景をガラス越しに見学することも可能でした。

  • 6階・・・展示室(操舵室)、操船シミュレーション
  • 5階・・・多目的ホール「ホールマーメイド」
  • 4階・・・レストラン「海王」、多目的ホール「マリンホール」
  • 3階・・・展示室(日本の船の歴史)、ラジコン船コーナー、東京海上保安部港内交通管制室
  • 2階・・・展示室(船の役割)、潜水艦コーナー
  • 1階・・・展示室(船の歴史・構造)、多目的ホール「オーロラホール」
  • B1階・・・展示室(海洋開発)

MINI展示場

2012年1月に公開された展示施設です。売店マリンショップだった建物を改装し、操船シミュレータや船舶模型など本館収蔵資料を展示しています。

別館

以前は宗谷・羊蹄丸の2隻が係留されていましたが、現在は宗谷のみになっています。2006年頃まで「本館・宗谷・羊蹄丸共通入館券」という本館入館券に大人300円増しの券を購入するか、羊蹄丸と宗谷のみ見学可能な「羊蹄丸券」(大人600円)が必要でした。その後「本館・宗谷入館券」となり羊蹄丸が名目上無料開放された後、2008年頃に本館・宗谷共通入館券も撤廃されました。以降本館展示休止までは、羊蹄丸・宗谷には本館入館券を提示するか、入館券が無い場合は運営維持費の募金を求められていました。

南極観測船「宗谷」

宗谷は、日本の砕氷船です。日本海軍では特務艦、海上保安庁では巡視船として服務しました。日本における初代南極観測船になり、現存する数少ない旧帝国海軍艦艇となっています。現在でも船籍を有しており、船舶法の適用対象で、必要であればもやいを解いて航行できます。船名は北海道北部の宗谷岬と樺太の間にある宗谷海峡に因んで名づけられたものです。1979年5月から、船の科学館での一般公開が始まりました。進水からすでに70年が経過しており、本来商船としてつくられながら、軍艦や南極観測船、巡視船として、過酷な環境に身を置いた類稀な船歴からくる長年の酷使や、退役後の繋留に伴う経年劣化により船体が傷んでいるため、維持管理には多額の資金が必要とされ、募金活動が行われています。

青函連絡船「羊蹄丸」

羊蹄丸は船の科学館の別館として、隣接する青海北ふ頭公園内に係留されていた博物館船です。1965年から1988年まで国鉄・JR北海道の青函連絡船として就航していた車載客船・二代目羊蹄丸の船体外観を就航当時のまま保存利用しつつ、内部は博物館展示施設として全面的に改装しています。管理運営は日本海事科学振興財団が行っていましたが、2011年9月で保存展示を終了し、えひめ東予シップリサイクル研究会に無償譲渡されました。

屋外展示

  • 潜水艇「たんかい」
  • 深海潜水艇「PC-18(模型)」
  • 深海大気潜水服「JIM」
  • 双胴船「マリンエース」・・・日本で初めて完成した実験船。
  • 超伝導電磁推進装置・・・ヤマト1に搭載されていたもの。船体は神戸海洋博物館にて屋外展示されている。
  • 海底ハウス「歩号1世」
  • 九十九里の木造漁船
  • 長崎五島列島の大瀬崎灯台(復元)
  • 三重安乗埼灯台(移築)
  • 東京灯船の灯器
  • 大型スクリュープロペラ
  • ナヒーモフ号主砲
  • 戦艦「陸奥」主砲砲身一門
  • 笹川良一像(孝養の像など)