MEGAWEB

MEGAWEBとは

MEGAWEBは、東京都江東区青海のパレットタウン内にある、トヨタ自動車の展示ショールームです。1999年3月のパレットタウン街開きと同時にオープンしました。「トヨタ・シティショウケース」「ヒストリーガレージ」「トヨタ・ユニバーサルデザインショウケース」の3館からなります。パレットタウンの他施設と同様に、当初より10年間限定での営業となっており、東京都との賃貸契約が切れる2010年5月までに廃止撤去し、更地にして東京都に返却することになっていたのですが、同地を森ビルとトヨタ自動車が取得した事や景気低迷の影響から、当面は同じパレットタウンにあるヴィーナスフォート等と同様営業を継続する見込みとなっています。施設運営は、東京都豊島区池袋に存在したアムラックス東京と同じく株式会社アムラックストヨタが行っています。トヨタ車の豊富な車種の有料試乗コースもあります。試乗コースでは、F1グランプリの富士スピードウェイ誘致の一環として、2006年から2008年にかけて、F1日本グランプリの1週間前の土曜日・日曜日に、トヨタチーム所属のF1ドライバーによるF1マシンのデモ走行が行われました。観戦できるのは先着450名とのことで、朝早くから多くのが列をなしました。中でも2006年はモータースポーツジャパンとの合同イベントとなった関係で、トヨタの施設であるMEGAWEBにホンダのF1マシンである「ホンダ・RA106」が登場し、トヨタの「トヨタ・TF106」と共演したこともあります。しかし2009年の富士スピードウェイでのF1開催撤去発表に伴い、以後は行われていません。SUPER GTやル・マン24時間レース等に参戦するトヨタ陣営のドライバーとの交流イベントなどが開かれることも多いです。中でも2009年には、ライバルのホンダ・日産も含めたGT500クラスのワークスドライバーがほぼ全員顔をそろえた「SUPER GT 夏祭り」が開催されたことがあります。2013年夏頃より一時閉館し、同年11月2日より全館リニューアルオープンしました。また同年12月23日に全面閉館したアムラックス東京のショールーム機能をすべて引き継ぐ形となっています。

アクセス

  • 住所・・・東京都江東区青海1-3-12
  • ゆりかもめ青海駅から徒歩3分。
  • りんかい線東京テレポート駅から徒歩5分。

営業時間

  • トヨタ・シティショウケース・・・11:00~21:00
  • ヒストリーガレージ・・・11:00~21:00
  • ライドワン・・・11:00~20:00
  • ライドスタジオ・・・11:00~19:00

主なコーナー

トヨタ・シティショウケース

主要なトヨタ車・一部のダイハツ車が展示されているショールームです。展示車種は自由に乗り降りすることが可能です(車中での飲食は禁止)。ゲームなどのアトラクションと飲食店「ライドワンカフェ」があります。また、レクサスギャラリーが2階にあり、レクサス車の展示と専門の案内係が常駐しています。カタログも用意されていますが無償ではなく、「カタログ販売機」という自動販売機で購入する形となっています。センチュリーを除くトヨタ車種を網羅しています。特別使用者のカタログは、カタログ販売機付近のラックで無償配布されています。

トヨタ・ユニバーサルデザインショウケース

トヨタ自動車の取り組むユニバーサルデザインに対する活動を展示しています。2011年3月11日以降閉鎖されていましたが、現在は展示を再開しています。

ヒストリーガレージ

愛知県にあるトヨタ博物館と同様に、国内外のクラシックカーを展示しているほか、海外を含めた自動車雑誌やミニカーなどを購入することも可能です。但し海外のものは関税がかかっているため高価となっています。

ライドワン

MEGAWEBとヴィーナスフォートの建物に沿って敷設された1.3㎞のコースで、トヨタの市販車のほとんどを試乗することが出来ます。通常試乗料金は、1台につき300円です。なお、新型車が登場してしばらくの間など、キャンペーン施策で試乗料金が無料になる場合があります。試乗は完全予約制となっており、予約は館内端末かMEGAWEBのサイト、または電話予約窓口を利用して予約します。当日予約は館内端末のみの受付となっており、土曜日や日曜日・連休中などにおいては施設のオープン後すぐに館内末端に並ばないと、予約が取れないケースが多いようです。当たり前ですが、運転者が有効な自動車運転免許を所持していなければ試乗は出来ません。また、コースは短距離で道幅が十分に余裕があるわけではないため、20~40㎞の制限速度が設定されています。

ドライバーズコミュニケーション

毎週日曜午前は、モビリタ(富士スピードウェイ内に拠点があるトヨタ自動車安全運転講習センター)提供による「ドライバーズコミュニケーションがライドワンで開催されており、短時間で同乗したスタッフから運転操作についてのアドバイスを受けながら、ABS作動を体験することなどができます。こちらも参加する場合は、ライドワンと同じ手段で前日までに予約が必要となっています。