レインボーブリッジ

レインボーブリッジとは

レインボーブリッジは、東京都の港区芝浦地区と台場地区を結ぶ吊り橋です。1987年に着工し、1993年竣工、同年8月26日に開通しました。「レインボーブリッジ」という名前は一般公募によち決められたもので、正式名称は「東京港連絡橋」です。千葉方面および神奈川方面から都心へ向かう交通を分散させ、慢性的な渋滞の発生していた箱崎ジャンクション・江戸橋ジャンクションや首都高速1号羽田線の渋滞緩和と共に、開発の勧められていた東京臨海副都心と既存都心部を結ぶために建設されました。橋梁としては芝浦側アプローチ部1465m+吊り橋部918m+台場側アプローチ部1367mが一体で建設されました。通常は吊り橋部からアンカレイジ部の60m×2を除いた吊り橋本体の798mをレインボーブリッジと称することが多いです。海とビル群の景色や夜景などの眺望が良好な事から週末のドライブコースとしての人気があり、それが要因で渋滞となることもあります。有明ジャンクション付近などのジャンクションの分岐点の看板は、レインボーブリッジ方面の分岐が強調されています。

構造

東京港第一航路をまたぐために、中央径間長570m以上、桁下クリアランス50m以上を確保する必要があり、加えて羽田空港の制限表面にかかるため構造物高さを東京湾平均海面+150m以下としなけらばなりませんでした。一方で両岸は埋立地で標高が低く、道路・新交通システムの縦断勾配の制約があります。以上の諸条件を勘案し、加えて景観の条件を勘案した結果、航路部は吊り橋とし、前後を高さを稼ぐための1㎞を越えるアプローチ部(連続高架橋)とすることとなりました。特に臨港道路・ゆりかもめの芝浦側アプローチはループ橋となっています。また、台場側のアプローチ部は水深約10mの海中に鋼管矢板基礎を打ち込み、そこから橋脚を立ち上げる工法を取っています。吊り橋部は、幅員29m、中央径間570m、主塔の高さ126m。ただし主塔は長大吊り橋に見られるようなトラス構造ではなく、ラーメン構造となっています。主塔の基礎と台場側のアンカレイジはニューマチックケーソン工法で建設され、海上に建てられています。通行路は瀬戸大橋や横浜ベイブリッジと同様、上下2層構造になっており、上層には首都高速11号台場線、下層には中央部に新交通システム・ゆりかもめが、その両側に臨港道路海岸青海船が通る鉄道道路併用橋となっています。下層の両外側には歩道があり、歩いて渡ることもできます。自転車については輪行袋にいれてのみ通行可能でしたが、現在は専用の貸し出し台車に載せて手押しでの通行が可能となっています。

橋げたの高さ

設計当時豪華客船の象徴と言われていたクイーン・エリザベス2号の通過を想定し、橋げたの高さは52mありますが、近くに羽田空港があるため高さに規制があり、余裕を持たせた設計が出来ませんでした。しかも完成後にクイーン・エリザベス2号がこの橋をくぐることはありませんでした。また客船の大型化が予想以上に進んだため、世界有数の大型客船のほとんどはレインボーブリッジをくぐることが出来ません。その影響か、東京港に寄港する客船数は減少しており、首都圏での「海の玄関」の座は横浜港に奪われた形となっています。とはいえ、横浜ベイブリッジとしても橋の下を通過できない大型外国客船が近年続々と登場しています。ベイブリッジの海面からの高さは約55mで、くぐれなければ「大さん橋」を活用できず、客船の誘致合戦で後れをとって外国船機構数は九州地方の港に負けています。事実、2009年3月に客船クイーン・メリー2、2013年5月にボイジャー・オブ・ザ・シーズが横浜に寄港しましたが、横浜ベイブリッジの下を通過することが出来ない為、大さん橋客船ターミナルに接岸することができず、貨物の埠頭である大黒ふ頭に停泊する羽目になりました。2013年5月8日、横浜市が本牧ふ頭の貨物用岸壁の活用を検討し、これを管理する港湾会社と調整に入ったと読売新聞が報じています。

その他

ライトアップ

日没後にはライトアップが行われます。2005年10月1日には首都高速道路公団が株式会社化される記念として、9月30日の日没から翌日の日の出までの間、一夜限りの「レインボーブリッジ虹色ライトアップ」が行われました。これは過去には2000年と2001年の2回しか実施されておらず貴重なものでしたが、民営化以降は2005年のクリスマスや2006年の年明けなど、しばしば行われています。2010年は12月3日から翌年1月3日までの1ヶ月間に渡って実施されました。また、2013年8月26日のレインボーブリッジ開通20周年を記念して、2013年8月24日から9月1日まで虹色の特別ライトアップが実施されました。その他にも、2016年もしくは2020年オリンピック東京誘致活動の一環として、オリンピック旗の五輪の五色を用いた特別ライトアップが行われたこともあります。また、10月1日の「ピンクリボン運動」のピンク色特別ライトアップや11月14日の「世界糖尿病デー」の青色特別ライトアップなど、様々な特別ライトアップが行われています。

封鎖

2003年に公開された映画「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の舞台となりましたが、同映画のロケは京都府の久御山ジャンクションで行われました。劇中の展開で橋を封鎖しようとしますが、実際に荒天などでしばしば封鎖されることがあります。2009年3月1日に2016年オリンピック東京誘致活動の一環として「東京レインボーウォーク」が開催された際、その種のイベント用としては初めて「封鎖」され、一般応募者約20,000人から抽選で選ばれた5,000人が橋上を往復しました。

上層部と下層部の違い

上層部が有料の首都高速道路であるのに対して、下層部は無料で通行できる一般道路となっています。下層部はゆりかもめの軌道があるため進行方向右側の景色が見えず、左側も橋げたやフェンスがあるため見通しが悪く、上層部に比べると眺望は劣っています。また、下層部には都バスが走っています。なお、橋の途中には停留所は在りません。

レインボーブリッジが登場する作品

映画

  • 「ゴジラvsメカゴジラ」
  • 「ゴジラ2000 ミレニアム」
  • 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」・・・劇中でゴジラがレインボーブリッジの上を通っていった後が確認できる。
  • 「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」
  • 「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」・・・実際にロケが行われたのは別の橋。
  • 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!」・・・UFOによって破壊される。
  • 「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」・・・建設中のレインボーブリッジを見て、田中真弓が1990年の過去に戻った事を確信する。
  • 「カーズ2」
  • 「メッセンジャー」・・・鈴木(草彅剛の代役)がレインボーブリッジの一般道路を下るシーンがある。実際には自転車などの通行は禁止。

テレビドラマ

  • 「特警ウインスペクター」
  • 「特捜エクシードラフト」
  • 「容疑者室井慎次」・・・オープニングに登場。
  • 「ジュテーム~わたしはけもの」

漫画・アニメ

  • 「彼女を守る51の方法」
  • 「鉄腕バーディー DECODE」
  • 「も~っと!おジャ魔女どれみ」
  • 「デジモンアドベンチャー」
  • 「月面兎兵器ミーナ」
  • 「機動警察パトレイバー」
  • 「湾岸ミッドナイト」
  • 「緋弾のアリア」