台場地区

台場地区は、東京都港区台場、品川区東八潮、江東区青海のうち青海南ふ頭公園以北から成るエリアです。所謂「お台場」と呼ばれている場所です。お台場は広義では東京港埋立第13号地全体を指し、さらには第10号地をも加えて東京臨海副都心地区を指すこともあります。

お台場の歴史

江戸時代

1853年、ペリー艦隊が来航して幕府に開国要求を迫ります。これに脅威を感じた幕府は、江戸の直接防衛のために海防の建議書を提出した伊豆韮山代官の江川英龍に命じて、洋式の海上砲台を建設させました。当初は品川沖に11基の台場を一定の間隔で築造する計画でした。工事は急ピッチで進められ、およそ8か月の工期で1854年にペリーが2度目の来航をするまでに砲台の一部は完成し、品川台場(品海砲台)と呼ばれるようになりました。「お台場」という呼び方は、幕府に敬意を払って台場に「御」をつけ、御台場と称したことに由来しています。埋立に用いる土地は高輪の八ツ山や御殿山を切り崩して調達しました。また、そのために東海道の高輪通を昼間は通行止めにしたそうです。ペリー艦隊は品川沖まで来たのですが、この砲台を見て横浜まで引き返し、そこで上陸することになりました。台場は石垣で囲まれた正方形や五角形の洋式砲台で、まず海上に第一台場から第三台場が完成、その後に第五台場と第六台場が完成しました。第七台場は未完成、第八台場以降は未着手で終わりました。第四台場は7割ほど完成していたのですが中止され、その後は造船所の敷地となりました。また第四台場の代わりに品川の御殿山のふもとに御殿山下台場が建設され、結局合計8つの台場が建設されたことになります。完成した台場の防衛は江戸湾の海防を担当していた譜代大名の川越藩(第一台場)、会津藩(第二台場)、忍藩(第三台場)の3藩が担いました。この砲台は十字砲火に対応しており、敵船を正面から砲撃するだけではなく、側面からも攻撃を加えることで敵船の損傷を激しくすることを狙ったものでした。2度目の黒船来襲に対し、幕府はこの品川台場建設を急がせ、佐賀藩で作らせた洋式砲を据えたのですが、結局この砲台は一度も火を噴くことなく開国することとなってしまいました。

明治時代

1845年、海上の7つの台場が陸軍省の所管となります。明治中期には東京湾要塞の建設が始まったこともあって台場の重要性が減り、以後徐々に払い下げられるようになります。1878年には芝区が成立し、それに伴って海上の7つの台場は芝区に所属することになります。それぞれ東京府芝区大字品川沖1~7番地となりました。大正の初めまでに長命の品川沖は品海砲台に変更となります。

大正・昭和

  • 1912年・・・第四台場が民間人に払い下げられ、造船所となる。
  • 1915年・・・第三・第六台場が東京市に払い下げられ、史跡公園として整備されることとなる。
  • 1917年・・・第一台場が民間人に払い下げられる。
  • 1928年・・・第三台場が東京市により整備され、台場公園として市民に開放される。
  • 1934年・・・第二・第五台場が東京市に払い下げられる。
  • 1939年・・・第四台場が新しく完成した埋立地に埋没して消滅。
  • 1941年・・・東京港が開港。
  • 1947年・・・芝区・麻布区・赤坂区が合併して港区が成立し、台場地区は東京都港区芝品海砲台となる。
  • 1955年・・・品川区と地続きになっていた旧第四台場の土地が、港区より品川区に割譲される。
  • 1957年・・・8つの台場のうち唯一陸上に造られた御殿山下台場が撤去され、跡地に品川区立台場小学校が開校する。
  • 1961年・・・東京港の開港に伴い船舶が増加したため、航路を塞ぐ形で浮かぶ第二台場が撤去される。
  • 1962年・・・第五台場が新しく完成した埋立地に埋没して消滅。
  • 1963年・・・第一台場が新しく完成した埋立地に埋没して消滅。
  • 1965年・・・第七台場が撤去される。これにより、現存する第三台場と第六台場以外の全ての台場が消滅。尚、第七台場は最初から未完成のまま海面下に水没した状態だった。
  • 1965年3月1日・・・台場地区に住居表示が実施され、港区芝品海砲台(第三・第六台場)が町名変更により港南五丁目となる。
  • 1974年6月・・・品川区東八潮に船の科学館が開館。お台場で最初の大規模建築物だった。
  • 1976年8月12日・・・首都高速湾岸線の大井~13号地間の開通により、東京港トンネルが供用開始される。
  • 1978年・・・船の科学館周辺で宇宙科学博覧会の第一期が開催される。
  • 1979年・・・宇宙科学博覧会の第二期が開催される。
  • 1979年・・・東京港の海底を掘削した際の残土により埋立が進められ、13号埋立地が完成する。そのうち北部は幕府が築いた台場に因んで、お台場と呼ばれた。完成当時、13号埋立地はいずれの区にも属していなかったが、北部は港区、西部は品川区、南部は江東区にそれぞれ帰属した。

平成

東京都は、都心の混雑を緩和するため、東京臨海副都心として臨海部の開発を進めました。レインボーブリッジの建設や、世界都市博覧会の開催予定により、企業進出が誘致されました。

  • 1995年・・・世界都市博覧会の中止が決定。これにより企業の進出や移転のキャンセルが相次ぐ。また、東京テレポートセンター、東京臨海副都心建設、竹芝地域開発など、この地域を中心に事業を行っていた第三セクターは大幅な赤字となり、事実上破綻した。
  • 1996年・・・臨海副都心開発により新たに港区台場が13号地北部に成立する。これに伴い、第三台場・第六台場が港区港南五丁目から港区台場一丁目に変更される。
  • 1997年・・・フジテレビ本社屋が台場に移転。また同局のテレビドラマ「踊る大捜査線」などによりお台場の知名度が上がる。これに伴い商業施設のみならず居住施設やランドマークが次々誕生した。さらに東京都知事の石原慎太郎がカジノ構想を提唱したため、注目度は一層高まった。
  • 2007年・・・首都高速湾岸線の13号地入口が臨海副都心出入口に改称される。乃村工藝社本社ビルと台場ガーデンシティビルの竣工を持って港区台場の開発が完了する。
  • 2013年・・・青海・台場クロスウォークの供用開始。

台場地区の自然

沿岸地域カモメが生息し、水上バス発着所に良く見られます。多くの面積が公園になっていて、樹木が多い公園では野鳥が散見されます。またお台場海浜公園には「釣りエリア」が設けられており、ハゼ、シーバス(スズキ)、クロダイ、コノシロなど一般になじみの深い種類が多く見られます。2004年には上海ガニが見つかっています。お台場は昭和時代に潮干狩りのために蜆が沢山放されました。そのため現在お台場付近の海岸は潮干狩りが出来る隠れたスポットとなっています。

台場地区の施設

台場地区は、港区・江東区・品川区のちょうど境界線にあり、場所によって区が異なるのが特徴です。またお台場にほど近い東京ビックサイトとテレコムセンターは江東区にあり船の科学館は品川区に属しています。フジテレビは港区で、ゆりかもめは港区からレインボーブリッジを通りお台場に入り港区、江東区に入り豊洲へと続きます。

港区

  • レインボーブリッジ・・・港区芝浦-台場間を結ぶ吊り橋。
  • フジテレビジョン・・・フジテレビ本社屋。球体の展望台が特徴。
  • お台場海浜公園・・・貯木場であった所を整備した、入り江を利用した海浜公園。
  • ホテルグランパシフィック・ル・ダイバ・・・シティホテル。京急グループの一員である株式会社ホテルグランパシフィックが運営している。
  • ホテル日航東京・・・JALホテルズが運営するシティホテル。
  • 自由の女神像・・・パリの自由の女神像のレプリカ。2000年に設置された。
  • デックス東京ビーチ・・・ショッピングモール。屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」やレゴブロックをテーマにした「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」などがある。
  • アクアシティお台場・・・お台場海浜公園に隣接する複合商業施設。ソニーグループによるエンターテインメント施設「メディアージュ」など。
  • トレードピアお台場・・・2001年2月竣工の超高層ビル。
  • 台場フロンティアビル・・・昭和シェル石油本社、ユーシーカード本社などが入るビル。
  • サントリー東京支社
  • 乃村工藝社本社ビル
  • 台場ガーデンシティビル・・・太平洋セメント本社などが入るビル

江東区

  • ダイバーシティ東京・・・商業施設「ダイバーシティ東京プラザ」とオフィスビルの「ダイバーシティ東京オフィスタワー」からなる複合商業施設。2012年4月19日開業。
  • パレットタウン・・・大観覧車をシンボルとしたお台場の中心的娯楽スポット。ヴィーナスフォート、Zepp Tokyo、東京レジャーランドパレットタウン店、MEGAWEBなど。
  • 大江戸温泉物語・・・温泉を利用した日帰り入浴施設。
  • フジテレビ湾岸スタジオ・・・フジテレビが所有するテレビ放送・テレビ番組収録兼用のスタジオ。
  • 日本科学未来館・・・国際研修交流大学村内にある科学館。
  • 東京湾岸警察署
  • 夢の大橋・・・シンボルプロムナード公園内にある歩行者・自転車専用の橋。
  • テレコムセンター・・・東京都などが出資した東京臨海ホールディングスによる第三セクター法人の株式会社東京テレポートセンターのビル。
  • 青海フロンティアビル・・・東京みなと館などが入るビル。
  • タイム24ビル
  • the SOHO・・・世界最大級のSOHOマンション。2010年1月18日竣工。
  • 産業技術総合研究所
  • 都立産業技術研究センター
  • 海上保安庁海洋情報部庁舎
  • 東京国際交流館・・・海外の留学生や日本の優秀な大学院生や研究者等に、質の高い生活・交流空間を提供する施設。
  • 青海南ふ頭公園・・・青海二丁目にある都立の海上公園。

品川区

  • 船の科学館・・・船舶や海運、海洋開発、海上保安に関する事柄を中心に展示する海事博物館。
  • 潮風公園・・・お台場海浜公園と東八潮緑道公園を結ぶ都立公園。